外壁と屋根の塗り替えを同時に行うメリット

HOME > コラム:外壁と屋根の塗り替えを同時に行うメリット

コラム

コラムのカテゴリーを選んでください。

外壁と屋根の塗り替えを同時に行うメリット

新築当初は問題ありませんが、屋根は常に風雨にさらされているため、意外と劣化スピードが速いのがネックです。
そのため新築でも中古住宅でも、何年かに一度は屋根塗装を行わなければなりません。
施工業者にもよりますが、屋根塗装はさほど高くはありません。
使用する塗装材によっては費用を安く抑えることもできるでしょう。
しかし、年月の経った住宅は屋根塗装だけで本当に十分でしょうか。
実際は外壁も劣化が進んでいることが多く、塗装の必要性が高い住宅も少なくありません。


実は屋根塗装と外壁の塗り換えを同時に行うことで、様々なメリットを受けられます。
これから屋根塗装を検討中の方は、外壁も一緒に塗装してしまうのが良い選択肢と言えるでしょう。
しかし、なぜ屋根塗装と外壁は同時にするのが良いのでしょうか。

屋根と外壁の塗装を一緒に済ませてしまう最大のメリットは費用です。
屋根塗装を行う場合、施工の際には足場を組む必要があります。
外壁の塗装をするにあたっても足場が必要になりますが、2つを同時に行えば足場費用を節約できるのです。
屋根塗装と外壁の塗装を別々にする場合は2度足場費用を支払う必要があります。
しかし同時に行えば1回で済んでしまうのです。
施工期間は少々延びてしまいますが、トータルで見るとかなりお得になります。
また、工事に掛かる人件費も抑えられるため、外壁と別々に塗装する場合と比べて費用を数割抑えられるでしょう。
外壁と屋根塗装を同時にすれば手間も掛かりませんし、屋根と外壁は風雨によって同じスピードで劣化が進んでいきます。
そのため片方を塗装したとしても、将来的にはもう片方を塗装しなければいけないのです。
二度手間にもなってしまい、かつ管理の手間も掛かってしまうでしょう。


屋根塗装の1年後に外壁の塗装も必要になるなど、長期的に見ると時間的損失も大きなものとなります。
屋根と外壁の塗装を行えば、ほぼ新築と同じような外観に戻ります。
費用面の恩恵も非常に大きいですが、このようなメリットもあるのです。
これから屋根塗装を検討している方は、是非外壁塗装も検討してみるべきでしょう。
将来的なことを考えると別々に塗装するメリットはありません。
むしろデメリットのほうが目立ってしまうため、決して良い選択肢とは言えないのです。
可能であれば、屋根塗装と外壁塗り替えを同時にすることをおすすめします。

前のページに戻る
ページの先頭へ

会社案内

株式会社トミックス 会社案内

株式会社トミックス
〒583-0861 
大阪府羽曳野市西浦6丁目2−20
TEL:072-958-8115