外壁塗装業者の手抜き工事を見抜くポイント

HOME > コラム:外壁塗装業者の手抜き工事を見抜くポイント

コラム

コラムのカテゴリーを選んでください。

外壁塗装業者の手抜き工事を見抜くポイント


外壁塗装は、大切な家や建築物、マンション、アパートを長く大切に使用するために、必要なことです。
しかし、外壁塗装については、一部の業者が「手抜き工事」をしていることもあります。
また、大手建築会社に頼んだ場合でも、実際に工事を行うのは下請け業者で、その業者が手抜き工事をしている、というケースもあるでしょう。
もちろん、ほとんどの業者はプロという自覚を持って、しっかりと工事を行ってくれます。
しかし、やっぱり一部の業者はより多くの利益を得るために、手抜き工事を行う場合があります。
素人目には手抜きかどうかわかり辛く、外壁塗装では手抜き工事が行われやすい傾向にあるのです。

外壁塗装については、本当に素人目にはきちんとした工事が行われているか、それとも手抜き工事かの判断は難しいです。
補修の手抜きや養生の手抜きは比較的わかりやすいですが、塗装の手抜きとなると素人目には全くわかりません。
外壁塗装は、「下地の補修、養生、下塗り」といった工程を経た上で塗装の仕上げ(上塗り)をし、外観の美しさと建物の保護を行っています。
その各工程を手抜きして、上塗り、仕上げさえきちんとすれば、一見は綺麗に外壁塗装がなされたと見えるからです。
そのため、外壁塗装については、発注前にしっかりとその工程を業者に聞いてください。
基本的には、「塗り回数」、「塗り重ねの塗装間隔」、「塗料の質、希釈量と使用量」、この3つのポイントをしっかり
把握しておきましょう。



塗り回数、これは既存の塗装と新しい塗装をしっかりと密着させるため何度か下塗りをすることです。
どういう基準で塗り回数を決めたのか、しっかり業者に聞いてください。
また、塗り重ねの塗装間隔も重要です。
しっかりと各工程で乾燥させないと、気泡が生じたり、既存の塗装と新しい塗装が密着されないというトラブルが生じます。
そして、塗料の質、希釈量と使用量は、質の良い塗料を使用し、希釈についても必要以上に薄めず、適量を使用しているかどうか、説明を受けてください。
手抜き業者の中には、質の悪い塗料を使用する、必要以上に薄めることでコストダウンを図る業者も存在します。
工事スタート前に3つのポイントについての説明を受け、工事の工程を把握することで、手抜き工事し辛い環境を
作ることが大切です。
トミックスは自社施工で外壁塗装を行っています。
経験を積んだ職人が塗り替えをしますので、質に関しても安心していただけます。

前のページに戻る
ページの先頭へ

会社案内

株式会社トミックス 会社案内

株式会社トミックス
〒583-0861 
大阪府羽曳野市西浦6丁目2−20
TEL:072-958-8115