外壁塗装の塗膜の劣化

HOME > コラム:外壁塗装の塗膜の劣化

コラム

コラムのカテゴリーを選んでください。

外壁塗装の塗膜の劣化

外壁塗装をする際には塗膜の状態をチェックすることになるでしょう。
塗膜というのはとても薄い膜で、雨などから外壁をしっかりと守ってくれています。
ですから当然塗膜に異常が出てくると、
結果的に外壁にもダメージがたくさん加わるようになるでしょう。
そういう事態になると厄介ですし、対処が遅れるほど工賃は高くなるかもしれません。
ですから後回しにせずに、最適なタイミングで外壁塗装を行うようにしてください。
とても頼りになり紫外線からも守ってくれる塗膜ですが、当然徐々に劣化していきます。
どんなに素晴らしいものでも基本的には全て経年劣化してしまいますし、

塗膜が雨や紫外線等から家を守る

塗膜の場合は直に雨や紫外線に接することになるので、
ある程度の年数が経過すると劣化します。
その塗膜が劣化する年数は、
使っている塗料やその家が存在している環境次第で変わってきますし、外壁塗装の腕次第でも変わります。
あまり信用できない業者に任せるときちんと行ってくれず、
塗膜が思ったよりも早く劣化してしまうことにもなりかねません。
口コミでの評判の素晴らしいしっかりとした業者をチョイスすると良いでしょう。

自宅の外壁を塗り直すタイミングというのは意外に難しいです。
具体的には塗膜が膨らんできたり、剥がれてきたらそのタイミングかもしれません。
これですと素人がチェックしても分かりやすいと思われます。
その結果上記のような剥がれなどが発見されれば、
業者に見に来てもらい、本当に外壁塗装が必要かを聞くと良いでしょう。
この際に気を付けるべきこととして、悪徳業者だと本当は必要がないのに、
外壁塗装しなければいけません!というところもあります。
そしてほかの塗膜の症状としては、チョーキングが発生したり、
艶がなくなってきたり、色が変わってきたりすると注意が必要です。
外壁塗装をすべきタイミングかもしれません。
塗膜の劣化を遅らせるためには下地部分の強度も大事になります。

外壁を確認して、「膨らみ・剥がれ」がないかを探してみましょう。

外壁以外にも例えば屋根にも塗装をしますのでもちろん塗膜はあります。
ですが屋根の場合は外壁よりも早く劣化するとされていて、その理由は太陽光を浴びやすい、雨が当たりやすいなどがあるでしょう。
塗膜を長持ちさせて外壁塗装の頻度を減らすためには、基本的には高価な塗料を塗ると良いでしょう。

前のページに戻る
ページの先頭へ

会社案内

株式会社トミックス 会社案内

株式会社トミックス
〒583-0861 
大阪府羽曳野市西浦6丁目2−20
TEL:072-958-8115