コラム

HOME > コラム

コラム

コラムのカテゴリーを選んでください。

ダニの繁殖原因となる結露を予防する外壁塗装ガイナ

冬、暖かい室内で発生しやすい結露。
暖かい空気は冷たい空気と比べるとたくさんの水蒸気を含むことができます。
また、熱は暖かい方に移動するため、水蒸気を沢山含んだ暖かい空気は温度が低い窓ガラスやドアに向かって
流れていきますが、そこで空気が急激に冷やされるため、空気中に含まれた水蒸気が水に変化し、露となります。
気密性が高いと水分が逃げる通り道がなくなるため結露が起こりやすくなりますが、最近ではマンションだけでなく戸建て住宅も高気密が人気となっているため、何の対策も取っていない状態だと結露しやすい家になってしまいます。
結露によって発生した水分を放置しておくとカビが生えやすくなります。
そして、そのカビを餌にしているダニも繁殖しやすくなります。

家の中で発生したダニが食品に入りこみ健康被害を与えることがあります。
その1つにパンケーキ症候群があります。
小麦粉やホットケーキミックスを開封したら、残った物は袋の口を輪ゴムなどで留めて保存するという人が多いと思われますが、その粉にダニが発生したのを気づかずに食べてしまうことで呼吸困難やじん麻疹などの強いアレルギー症状を引き起こしてしまうのです。
また、ダニはアレルギー性喘息や鼻炎の原因にもなります。
小さな子どもだとアトピー性湿疹や喘息の症状が出ることがあります。
ダニアレルゲンは生きていても死んでいても、またそのフンにも存在しています。
特にフンは乾燥すると砕けて1ミクロンほどの大きさになり、人間の気管支にいとも簡単に侵入することができてしまいます。

このように体に悪影響を与えるダニを繁殖させないようにするには、室内の湿気をこまめに除去し、なるべく乾燥した状態にすることが大事です。
ダニは空気中にもたくさん存在し、どんな小さなところにも侵入するため、パンケーキ症候群の予防は非常に難しいように感じますが、粉類など食品は袋を密閉したうえでダニが繁殖しにくい温度の低い冷蔵庫で保管することです。
また住まい全体の湿気を除去するには、断熱性機能を持っている塗料ガイナを外壁に塗装するのがおすすめです。
外壁にガイナを塗ることで外壁と室内の温度差を小さくし、ダニのエサ場であるカビの温床を、結露を防止することで根本から排除します。
また、建物全体の結露を防ぐため、建物の寿命を長くし、快適な空間の住まいづくりを実現します。

前のページに戻る
ページの先頭へ

会社案内

株式会社トミックス 会社案内

株式会社トミックス
〒583-0861 
大阪府羽曳野市西浦6丁目2−20
TEL:072-958-8115