屋根材と塗り替え・メンテナンス方法

HOME > コラム:屋根材と塗り替え・メンテナンス方法

コラム

コラムのカテゴリーを選んでください。

屋根材と塗り替え・メンテナンス方法

屋根塗装を検討中の方も少なくはないと思われます。
特に新築からある程度経過した住宅、中古で購入した住宅は、屋根塗装が必要なケースも珍しくありません。
一般的には10年に1回程の頻度で屋根塗装をする必要がありますが、実際の塗り換えは屋根材(屋根に使われている材料)によって大きく変わります。
住宅の屋根と言っても屋根材の種類は多く、塗り替えの頻度も異なるのです。
そのため屋根塗装が必要な場合もあれば、逆に不要な場合もあるのです。
お金だけ損する可能性もあるため、屋根材に応じて変えなければいけません。
ただ屋根は常に風雨にさらされているため、業者による定期的なメンテナンスは必要不可欠と言えます。
メンテナンス方法は補修や葺き替え、棟板金など様々ありますが、どれも業者に任せてしまうのが一般的です。
ある日突然雨漏りが発生するおそれもありますので、定期的な屋根塗装やメンテナンスを検討してみましょう。

屋根塗装の頻度の目安ですが、現在の住宅の屋根材として広く使われているスレートは7〜8年に1回塗り替えが必要になります。
スレートの場合、新築から7年程度経過したなら屋根塗装を検討してみると良いでしょう。
塗装がメンテナンスを兼ねていますが、定期的な塗装が必須になっています。
日本の住宅で多く見られる屋根材が瓦です、メンテナンスは30年に1回程度で済みますが、価格の高さなどから、現在はセメント瓦が広く普及しています。
しかし、セメント瓦を屋根材として使用している場合、6年を目安に塗装をする必要があります。
セメントは経年劣化でひび割れなどを起こしやすく、塗料が剥離することも多いからです。
数年に1度は業者に点検・メンテナンスしてもらう必要があるため、塗装も同時に行うのが良いでしょう。
屋根材の中でも、ガルバリウムと呼ばれる鋼板の屋根は耐震性の高さが特徴です。
スレートやセメント瓦と比べて高い耐用年数もポイントですが、大体30年に1回の頻度で塗装やメンテナンスが必要になります。
中古で購入した住宅の場合、ガルバリウムが使われているなら一度業者に点検してもらうと良いでしょう。
金属で腐食が進んでいる可能性もありますので、屋根塗装の必要があるなら早めに塗装することをおすすめします。
屋根材によって塗り換えの頻度は大きく変わります。
もちろん屋根材によりけりですが、塗装とは別に補修や葺き替えが必要になる場合も珍しくはありません。
早めにチェックし、屋根を風雨から守るようにしましょう。

前のページに戻る
ページの先頭へ

会社案内

株式会社トミックス 会社案内

株式会社トミックス
〒583-0861 
大阪府羽曳野市西浦6丁目2−20
TEL:072-958-8115