汚れが目立ちにくい外壁塗装の色と種類

HOME > コラム:汚れが目立ちにくい外壁塗装の色と種類

コラム

コラムのカテゴリーを選んでください。

汚れが目立ちにくい外壁塗装の色と種類

外壁塗装は数年から十数年に一度が一般的で、塗装も広範囲にわたるため費用も安くありません。
さらにほとんどの場合、家を覆うように足場をかけて工事を行うため、頻繁に塗り替え工事をするというわけにもいきません。
そこで、外壁の汚れ対策についても考えておく必要があります。
外壁の汚れは空気中や雨水などに含まれているホコリや塵などが原因です。

外壁塗装の汚れの原因

これらには油成分が含まれていて、外壁に当たると接着しますが、時と共に積み重なっていき、目に見える汚れになります。
外壁が平であれば雨水や重力で流れ落ちることもあります。
しかし現在人気の高いサイディング壁などに多く見られる、表面が細かく凹凸にデザインされた物やツヤ消しの塗料で塗装している外壁はホコリや塵が積もりやすいため汚れが目立ちやすくなります。

毎日外気にさらされている外壁は汚れが付きやすくなりますが、色選びをしっかりとすることで汚れが目立ちにくくなります。
外壁の汚れが目立ちやすい色は白です。
白い家に憧れる人は多いのですが、汚れが目立ちやすいというイメージがあるため、実際に白にする人は少ないようです。

外壁の色と汚れの目立ちやすさ
また、汚れが分からないように感じる黒の外壁ですが、実は汚れが目立ちやすいので注意しましょう。
一方、グレーやアイボリーなどは汚れが分かりにくいので、外壁塗装におすすめです。
せっかく外壁をキレイにしようと塗り替えをしたのに、汚れが目立つようになるのはデメリットで、なるべくなら汚れが目立たない色を選ぶべきです。

色はあくまで汚れを目立たなくするだけですが、塗料にも気を使うことによってより美しい家を維持することができます。
塗装で使う塗料には多くの種類があり、例えば光触媒の塗料が最近特に人気です。
光触媒だと汚れを防ぐ効果がありますので、汚れが目立ちにくい色と組み合わせることで、素晴らしい効果が生み出せるでしょう。
そして光触媒の塗料の中には、ハイドロテクトカラーコートというものもあって、これは非常に凄い効果を秘めています。
水分の膜を生成することによって様々な種類の汚れを弾き飛ばしてくれ、他の塗料よりも汚れがくっつきにくくなるのです。
また長年住んでいると壁にカビが生えることもあるでしょう。
ですが光触媒のハイドロテクトカラーコートなら、カビを予防する効果もあり、さらには藻にも強いのが特徴です。
これらだけでも嬉しいですが、外壁塗装の際にハイドロテクトカラーコートを施していると、壁が勝手に掃除をしてくれるでしょう。
トミックスではこの光触媒のハイドロテクトカラーコートを取り扱っているので、汚れに強い家に変身させることができます。
色だけはない!汚れに強い塗料もある

前のページに戻る
ページの先頭へ

会社案内

株式会社トミックス 会社案内

株式会社トミックス
〒583-0861 
大阪府羽曳野市西浦6丁目2−20
TEL:072-958-8115