汚れが目立ちにくい外壁塗装の色

HOME > コラム:汚れが目立ちにくい外壁塗装の色

コラム

コラムのカテゴリーを選んでください。

汚れが目立ちにくい外壁塗装の色

自分の住宅を持っているなら行うことになる外壁塗装。
この工事の一連の流れを見ていくと意外と工程が多く、塗料を塗り替える以外にも細かな工程が多数あり、
どれも外せない重要な工程です。
これらの作業次第で出来栄えが大きく変わるのですが、それ以上に施工後の外壁の見た目を左右するものがあります。
外壁塗装を行う誰もが頭を悩ませる、塗料の色です。
始めから、塗り替える前と同じ色にすると決めていない限り、「黒色がいい」「黄色がいい」「ブラウンも素敵かな」などと
各々意見を出し合うことになりますが、なかなかまとまらないのではないでしょうか。
そして多くの場合、ただ好きな色を選んでいるだけで、外壁に相応しい色かどうかについては考えていないケースもあるのです。

一度外壁塗装をして塗り替えてしまうと、塗料によって変わりますが、10年以上外壁の色が変わることはありません。
もし汚れが目立ちやすい色だったとしたら、あっという間に汚れているのが分かるでしょう。
みっともない思いもしますし、せっかく外壁塗装をしたのに…という気持ちにもなると思われるので、汚れを目立たせない色を選択しましょう。
スタイリッシュに見られがちなホワイト系やブラック系の塗料は、外壁に付いてしまった汚れが目立ちやすいです。
そのような色にしたい場合は、外壁が汚れにくくなる塗料を選ぶと良いでしょう。

せっかく費用を捻出して外壁塗装をしたのなら、長い間綺麗な外観に保ちたいと思うものです。
それを叶えてくれる色が、グレーです。
数ある塗料の色の中でも特に汚れが目立ちにくいと言われており、長期間美しい外壁を誇ってくれます。
実際にグレーの外壁とホワイトで比較すると、汚れの目立ち方は一目瞭然なので、色を選ぶ際には考慮に入れることを
お勧めします。
他にも薄めのブラウン系やベージュ系も汚れ対策に最適な色です。
ブラック系は一見汚れがつきづらいのではないかと思われがちですが、実は汚れが目立つ色です。
外壁につく汚れは土などの暗い色よりも鳥のフンや雨の跡など明るい色の方が多いように思えます。
一面の黒に白い汚れがあった場合、白い壁よりもかえって目立つことになりかねません。
それでも黒はかっこよくてとても良い色ですから、使う際は塗料の種類をよく吟味することが大切です。
特に家が建っている場所柄汚れが付きやすい場合、より注意深く色を決めるべきでしょう。
家は人生で一番高い買い物だと言われているので、少しでも長く快適に住んでいられるようにきちんとメンテナンスを
しておきたいものです。
見栄えもとても大事になってくるので、汚れが目立ちにくい色の塗料に注目してください。

前のページに戻る
ページの先頭へ

会社案内

株式会社トミックス 会社案内

株式会社トミックス
〒583-0861 
大阪府羽曳野市西浦6丁目2−20
TEL:072-958-8115