内部結露を防ぎ住まいの耐久性を伸ばす外壁塗料

HOME > コラム:内部結露を防ぎ住まいの耐久性を伸ばす外壁塗料

コラム

コラムのカテゴリーを選んでください。

内部結露を防ぎ住まいの耐久性を伸ばす外壁塗料

湿気を含んだ室内の暖かい空気が室外側から冷やされることで、空気に含まれた湿気が凝縮して水に変わることが結露の原因と言えます。
結露は家の耐久性にも大きく関係するのですが、なかでも気をつけたいのが内部結露です。
内部結露は躯体内結露とも呼ばれており、壁の内側や床下など普段目にすることのない建物の内側で発生します。
内部結露により柱や土台などの躯体部分の木材や鉄が腐ったり錆びたりと劣化し、放置していると住まいの寿命を縮めることになります。
内部結露を見つけたら、ご自分の住いの構造や生活環境、住んでいる地域などにあった対策をする必要があります。
どんな建築物でも一様に同じ対策で良いというわけではありません。

内部結露は建物の構造などによって異なるので、ここでは一例をご紹介します。
まず、室内の壁内部の内部結露ですが、まずはじめに壁の内側の空洞部分に断熱材を入れて表面結露を止めます。
しかし、空洞部分を埋めるだけでは不十分です。
内部結露は室内の水蒸気がクロスなどの壁材を通過して起きてしまうため、水蒸気を通過させないように工夫しなければなりません。
そこで水蒸気を通しにくい防湿シートなどの部材を壁内部に貼り付けることで内部結露を改善します。
対策を施していない壁よりも、このような結露を防ぐ工夫がなされた壁の方が、耐久性はぐっと上がります。
しかし、絶対に内部結露が起きないという保証はありません。
このような対策を行っているから大丈夫、と油断して放置していると、知らないうちに内部結露が発生していることもあり得ないことではありません。
内部結露は外壁塗装の塗料を替えることでも効果が期待できますので、外壁塗装の際に良い塗料を選択するのも良いでしょう。

ちなみに熱は必ず温度が高い方から低い方へ移動する性質があります。
そのため、冬の室内では室内空気温度より温度の低い壁面等に結露が発生します。
外壁塗料のガイナを塗る事で熱量の移動を20%抑え、さらに十分な透湿力があるため、建物の内と外の温度差が小さくなり結露の発生を抑制します。
また、ガイナを内壁に塗った場合、熱は壁の表面で吸収、即、放射されるため壁の中まで浸透しにくくなります。
そうすると壁の中、そして内部結露の防止にもなり、長寿命の住いを実現します。
大阪で外壁塗装のことならトミックスにお気軽にご相談ください。

前のページに戻る
ページの先頭へ

会社案内

株式会社トミックス 会社案内

株式会社トミックス
〒583-0861 
大阪府羽曳野市西浦6丁目2−20
TEL:072-958-8115