外壁塗装の見積書の意味とチェックポイント

HOME > コラム:外壁塗装の見積書の意味とチェックポイント

コラム

コラムのカテゴリーを選んでください。

外壁塗装の見積書の意味とチェックポイント

外壁塗装は頻繁に行うものではないので、専門業者でない限り詳しく知っている人は少ないでしょう。
この一連の作業で必要になる費用は、業者によってまちまちですが、大体の相場を把握していると大きな強みになります。
まず外壁塗装をしようと思った場合、見積書を業者から出して貰うことになるでしょう。
それを見て実際にお願いするのかを考えていきますが、相場価格を知っていると騙されてしまう可能性も低くなります。
不必要な作業が見積書に書かれているケースや必要以上に高い価格が書かれていることもあるのです。
見積書を貰って疑問点があった場合は絶対に質問してください。
そして見積書は複数の業者から貰うこともおすすめで、これによってお得なところを発見できます。
その地域の相場を把握できますし、見積書を見ていると様々な違いを見つけられるでしょう。
見積書の比較は高すぎる業者を排除できる一方で、安すぎる業者にも注意が必要です。
必ずしも価格が安い業者が良いわけではありません。
コストとパフォーマンスの両面を見ていくことが大切です。
見積方法も各業者によって違いますし、提出される見積書もきちんとしているところもあれば、ビジネスとは
思えないような見積書を提出するところもあります。

外壁塗装の見積書には、足場、養生、高圧洗浄、下地調整、下塗り、中塗り、上塗りなど作業内容について書か
れているはずです。
もちろんこれ以外の項目もたくさんありますが、見積書を受け取ったらいち早く確認したいことは、塗り替えを
行う場所全ての費用が書かれているか、追加で費用負担が発生しないかです。
見積価格が安くて喜んでいても、実はその費用はごく一部で後から追加があった・・・などという話もあるでしょう。

また塗料を塗る回数や使用する塗料の名称もしっかりと明記されていて見積額に含まれているかも確認したいです。
そして当然ですが総額を確認して、相場から著しくかけ離れていないかをチェックをしましょう。
高すぎる場合は警戒するものですが、安すぎる場合や適正価格だと感じた場合も用心するに越したことはありません。


見積書には1平米単位で書かれていることが多いですから、例えば、外壁塗装の下塗りが100平米分必要な場合「1平米当たりの単価×100」と記載されるでしょう。
こういった意味やチェックポイントを今のうちに勉強しておくと、いざというときに役立ってきます。
トミックスは様々なプランがありますし、見積や施工についても自社で行うので安心して依頼できるでしょう。

前のページに戻る
ページの先頭へ

会社案内

株式会社トミックス 会社案内

株式会社トミックス
〒583-0861 
大阪府羽曳野市西浦6丁目2−20
TEL:072-958-8115