事務ブログ

HOME > 事務ブログ

事務ブログ

総数416件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70


こんにちは(´・ω・`)🌂

台風真っ只中ですが、みなさまいかがお過ごしですか?


今回の台風18号は 雨 台 風 🌀
呼ばれているそうなんです!

風による被害は比較的小さく、雨による被害が大きい台風の俗称です



雨が続くと、やはり比例するように
雨漏り についてのお問い合わせがふえます

シーリングの隙間から、屋根の劣化から、外壁のひび割れから・・

発生源はさまざまです。

その根源を発見し、改善しないことには雨漏りが自然に直ることはありません



普通に見るだけでは、発見することのできない
徹底的な調査・・・

私たちにお任せくださいっ( `・ω・´)/




トミックスは 雨もり119 南大阪店 として

雨漏りの 調査   診断   修理 を行っています!!




散水調査



散水調査とは、

建物の思わしい部位に水をかけてみて
雨漏りの再現を試みる調査方法です。!

散水調査は一見誰にでも出来るように思われがちですが、
雨漏りを再現させるのは、技術を要します。!

雨漏り119では、散水調査にマイスター制度を導入しており、
厳しい研修と修了試験に合格した者だけが散水調査に当たっています。!



赤外線サーモグラフィー調査




赤外線サーモグラフィー調査とは、

雨漏り原因を突き止めるために
建物を高感度赤外線カメラで撮影して検査する方法です。

雨漏り119の高感度赤外線カメラは国内最高画素数を誇り、
世界シェアNo.1のフリアー社製カメラを導入しています。

非接触・非破壊・リアルタイムで建物の温度変化を計測することで、
雨漏りのメカニズムを見える化します。




雨漏りについてこんなお悩みはございませんか(´・ω・)




雨もり119は 100%、再発事例0件 という、
驚異的な実績がございます!!


世界のサーモグラファーの90%が受講している
ITCトレーニング研修修了者が調査に当たり

確実に雨もりを解決に導いております


思い当たることや、ご質問・ご相談 些細なことでも構いません((*'')ノ


雨もり119 南大阪店
トミックス に、ご相談ください(`´)




こんにちは((*' ')ノ


昨日の大雨・・すごかったですね。
みなさん大丈夫でしたか?

私は外にいて、傘を忘れるという最悪の状態で
えらいこっちゃになりました(´;ω;`) 💦


また台風が接近しているようですね🌀



明日あたりがピークになるのではと予想し、
トミックスではお客さまのお家の足場を
台風養生 にかかっております!!



* * * * 富田林市若松町 Hさま邸 * * * *




9月のあたまに着工させていただいたお家です🏠

屋根 : 日本ペイント サーモアイsi  外壁 : パーフェクトトップ

通常はこのように、お家の周りにシートがかけられます

塗装中のお家を外部の汚れから守る役割や、
近隣のお家に万が一塗料を飛散させてしまわない為など
とても大切な役割があります


ですが、台風などの強風が吹くと
ネットが風を受け止めてしまいます💨

すると、足場に大きな負担がかかり

お客さまのお家や近隣の方のお家に、
足場が倒れてくるという大きな事故が起り得ます💥


そんな最悪の事態を回避すべく
行われるのが 台風養生 なんです(*・ω・*)



風が通り抜けるよう、ネットを巻き付けます💮

作業は止まってしまいますが、
安全を第一に考えた備えをいたします🏡



完成を心待ちにしてくださっているお客さまには
ご迷惑をお掛けいたしますが

ご理解・ご協力のほど宜しくお願い致します🌷



みなさま、大雨・強風に十分お気をつけくださいね( `・ω・´)/ *




みなさんこんにちは((*' ')ノ



最近変なお天気が続きますね・・


雨で施工期間が延びてしまっているお客さまには
ご心配、ご迷惑をおかけいたしますが


より良い完成を目指すため、ご理解のほどよろしくお願い致します。





先日、羽曳野のトミックス本社の方に


(有) 成田塗装 大倉社長

ご挨拶に来て下さいました(´`)ノ


その際、スタッフのみなさんにと・・



こんな立派なお米を
手土産に持ってきてくださいました(´;ω;`) 💓


お米ってかなり嬉しいですね(笑)


お気遣いくださってほんとうにありがとうございます🍀



成田塗装さまは、大阪の寝屋川にある塗装屋さんで
地域のお客さまに本当に愛されているんです🏡


同じ 塗魂ペインターズ🔥 の同志でもあります!




トミックスの社長、水落とは同級生ということもあり
とても仲良しなのです(*・ω・*)!



塗装についてお互いが話し出すと、
あーでもないこーでもないと、楽しそうに論じ合って

・・止まりません(^ω^;)笑



大阪の塗装屋さん同士、よきライバルであり
いろいろなことを協力し合ったり、知恵を出し合ったりと

これからも素晴らしい関係でありたいと願います🌠




大倉さま、ご足労いただきお土産まで・・
本当にありがとうございました( `・ω・´)/





みなさんこんにちわ((*'')ノ


前回のブログでトミックスの水落社長からいただいた
沖縄土産🌊🌴 を載せていたのですが、

さらにまだまだいただきました🌠



お菓子と、私たち女性事務員にはお顔のパックです💓

ありがとうございます

ドラゴンフルーツの衝撃は群を抜いておりましたが(笑)


沖縄では、家庭菜園の感覚で
お家で育てているというから驚きです



沖縄特有の塀の上から見えていて
ちょっとかわいいですね(*・ω・*)!



沖縄の一部の地域では
こういった石を積み上げた塀や、赤瓦の屋根の民家が

古き良き状態のまま住まわれています🏠

映画などでよく見ますね!


この特徴的な形は 琉球建築 (りゅうきゅうけんちく) と
呼ばれる、沖縄県の伝統的建築だそうです。

大きく関係しているのは、沖縄の気候・・

日照り台風 です


厳しい直射日光、そして台風による雨風の被害

そんな自然災害から大切な家を守る為の歴史ある工夫を
少しご紹介したいと思います(^^)🍂



自然の力で遮熱効果も 赤い瓦屋根




独特の美しい赤色をしている瓦を見たことがあるのではないでしょうか?

あれは、塗料の色ではないそうです。

原材料は鉄分を多く含む沖縄でとれる泥状の土。

元々は黒色の土に、水を加え長い日にちを費やし乾燥させます。

その後、低温で素焼きにするそうです。

すると鉄分が酸化し、あの美しい赤色が生まれます。

素晴らしいのは見た目だけではなく、機能性です。

この素焼きの瓦は吸水性が高く、激しい雨の水分を吸収し

灼熱の日照りの時には水分を蒸発し熱を逃がしてくれるという優れものなのです。




日差しや雨を侵入させない大きな軒




沖縄の民家の、おもに南面・東面の軒に差し出したひさし

またはその下の空間部分のことで【 雨端-アマハジ- 】と呼ばれます。

通常の軒より大きく広がっているので、雨端柱と呼ばれる自然木の独立した柱で屋根を支える。

横なぐりの風雨を防ぎ、直射日光をさえぎるために効果的で、

蒸し暑さをしのぐための、沖縄特有の工夫です。

内側と外側の中間地帯のため、古い民家でない沖縄のお家では

雨端とウッドデッキを組み合わせるリフォーム方法で

リビングの延長としての空間の広がりを持たせたりもするそうです。




家の周りを取り囲む美しい石垣




外側と内側に大きな石を積み上げ、大きな石の間に小さな石を詰め込み

強度を出したサンゴ岩などの塀で、家の周りを囲んでいます。

強い風が吹き込まないための工夫で、風速40メートルの強い風にも

耐えることができ、防火対策にもなるそうです。

沖縄ならではの、台風に備える知恵がいかされています。



緑の壁が家を守る




この木は、フクギとよばれる背が高く、葉も多い木です。

並べて植栽すると緑の壁のようになり、

その美しさから「フクギ並木」の観光地も存在する。

石垣と同じように家の周囲に植えられ、直射日光をさえぎり、

屋敷内を快適にする働きをもっています。

地方名では「火事場木」を意味するクヮジバギといい、

壁のように植えておくと隣家の火事による延焼を食い止められるとされています。




このように昔ながらの知恵や工夫が、
たくさん詰まっているんですね(*・ω・*)

現代の機能性塗料は本当に画期的ですが、

昔の人たちから盗める知識は
まだまだあるような気がします(`-´)/


最新のリフォーム方法ももちろんですが、
こういった歴史を勉強することも

とても大切だと思いました🏡






こんにちわ((*' ')ノ


実は最近、トミックスの水落社長から
沖縄土産🌊🌴 を、いただいたのです〜


ありがたいことに8月のお盆も現場が動いており
社長もバタバタしていたので・・

少しずらして、ご家族で沖縄旅行に行かれたそうです🍹



休み明け、会社に出勤すると社長が
冷蔵庫にお土産入ってるよ〜


ちんすこうかな〜\(^ω^)/

ミミガーかな〜\(^ω^)/


わくわくしながら冷蔵庫を開けてみると・・・・・・




Σ(・ω・ノ)ノ!?




なんかテレビとかで見た気もしますが・・(笑)

聞いてみると。

ドラゴンフルーツ💥


と、言うそうです。
こちらも、なんか聞いたことある程度です(笑)


ここらへんではあまり見かけることもありませんし、
私は見たことも、もちろん食べたこともなかったので

すごく嬉しいです(*・ω・*)



さっそく持って帰って食べようとしましたが・・

正しい切り方がわからない…

と、いうことで調べながら切ります( `・ω・´)/

今日のブログはドラゴンフルーツの切り方についてです🔪(笑)

塗装についてはどうぞ別のページをご覧ください!!(笑)




🔎 ドラゴンフルーツ豆知識 1

切り方を調べているときに知ったのですが、
ドラゴンフルーツって サボテン科 なんですね(((・_・))

サボテンなのでやっぱり寒さに弱いらしく・・
あたたかい場所でよく採られるみたいですね🌵


@ 実の先端と底を切り落とす

どっちが先でどっちが底か、分かりませんが(笑)
いざ、入刀(`´)🔪



さらに濃いΣ(・ω・ノ)ノ

毒々しいほどに色鮮やかです🍅


🔎 ドラゴンフルーツ豆知識 2

ドラゴンフルーツの赤肉種に含まれる色素は
天然色素として染料や口紅などに使われるそうです💄

衣服などに付着すると落ちにくいので注意が必要である、とのこと。



A 真ん中から半分に切る

ついに真っ二つにするときが来ました・・(`・ω・´)

どきどきです・・

包丁を入れた瞬間は予想外の柔らかさでした


ぱかっ



Σ(・ω・ノ)ノ!?
!!!!ぶつぶつ!

白い果肉に黒の無数の種・・
びっくりしてひとりでワ―キャー言っていました(笑)


B 3等分くらいにし皮からとる

皮は手で簡単にとれるとのこと🌟

むきっ




C ひとくちサイズにカットして完成

桃のように柔らかくみずみずしい感じですね💧

パンチのあるショッキングピンクの皮が無くなっても
なかなかのインパクトです(∩‘ω´)⊃))💥




D 食べる


あとは勇気を出して、食べるのみです。笑

・・・・・。



感想は・・・。


普通に美味しい(*´Д`)ノ

見た目からは想像もつかないさっぱりした甘さで、
種のぷちぷち感がかなり好きでした

キウイの種に似ていますね!



↑おしゃれに盛り付けバージョンです

半分に切った実をスプーンでくり抜き、
外側に付いていた緑のそげのような葉っぱを添えました🍂


🔎 ドラゴンフルーツ豆知識 3

なぜ 「ドラゴン」なのか・・
いくつか、由来の説があるそうですが

やはり共通しているのは、この奇抜な見た目にあるようです!

表面の緑の突起がドラゴンのウロコのような形ではないかということから

サボテンの木がうねった形になっており、
実の部分が真っ赤になているという事で、真っ赤な実が龍の目に見えるということから


などなど、調べ出すと色々とまだ出てきそうです👀



家族から、「生ハムと食べると美味しいよ」という
耳より情報を入手したので

残りは 生ハムドラゴンフルーツ にして
晩酌させていただくつもりです🍷


初めての体験で、めちゃくちゃ楽しかったですヾ(o・∀・o)ノ
社長、本当にありがとうございました



【 ちちんぷいぷい アドグリーンコート紹介 第3弾 】

*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*




8月20日 毎日放送 🎥 ちちんぷいぷい にて

日本中央研究所(株)


アドグリーンコート

取り上げられ、ご紹介されました

動画共有サービス YouTube にもアップされていたので
こちらでもご紹介させていただきたいと思います!!

*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*






前々回からちちんぷいぷいでご紹介されたVTRを見直しながら
ブログを書かせていただいてます((*' ')ノ🌠


画期的な機能性遮熱塗料、アドグリーンコート・・
その生みの親である日本中央研究所(株)

少しでも多くの人に、アドグリーンコートの力を
知ってもらいたい・・

そんな思いから、日本中央研究所さまは会社の屋上で

アドグリーンコート®体験

を、実施しているのです!!

実際に日の当たったアドグリーンコートの塗装してある温度と
一般的な防水塗装のみの温度を測定・・すると、


          ✽ 表面温度 ✽    ✽ 室内温度 ✽

一般塗装        59.5℃          42.4℃

アドグリーンコート   39℃            34.3℃


表面温度は 20℃ 室内温度は 8℃ という、
圧倒的な差を目の当たりにしました


このような実験のお話しを、前回はさせていただいておりました🔎

今回は、そんなアドグリーンコートを実際に使っているという方の
お話しを聞いているインタビューVTRを見てゆきますヾ(o・∀・o)ノ






今年の6月に、お家全体をアドグリーンコートで
リフォームした方のお家です🏠

リフォームのきっかけを聞いてみると



2階の 熱ごもり です

このお悩みは、私たちトミックスに寄せられるご相談で
とても多く耳にします(`‐ω‐´)

ある会社の 夏に対する意識調査 「夏に家の造りで気になること」 という、
アンケートを見てみたところ・・



お家の 熱ごもり が1位という
結果になりました(((・_・))

風がうまく通らない間取りのお家のかたは、
風が吹いている分、外のほうが涼しい気がする・・
なんていう声もあるくらいです…


今回ちちんぷいぷいでインタビューに答えてくださった方も
そんな 熱ごもり を解決すべく、

アドグリーンコートを塗装しました(・・)🍂

リフォームをして、お家は変わりましたか?
という質問に対し、



熱ごもりが和らぎ、エアコンの効きも良くなったとのこと🌱



また、アドグリーンコートの機能性を実感しているのは
一般家庭だけではございません(`-´)



乳牛がたくさんいる牛舎です🐴
あついのが辛いのは人間だけではありませんね(;´ω`)

扇風機を回すそうですが、
牛舎の中の熱ごもりがひどく意味を成しえないため

牛乳の生産量が大幅にダウン・・・

夏の猛暑に牛も人間もお手上げ状態💦

そこで!!!



牛舎の屋根をアドグリーンに塗り替えです🍀



肌で実感できる涼しさになり、
生産量も例年に比べ、かなり回復したとのことでした


実際に使用し、暮らしてみたお客さまは
みんなアドグリーンコートの力に驚いているようでした(`´)🌟



他に、どんなところに使われているのか、
そしてその効果などをまとめた記事を

またこちらのブログで書かせていただこうと思います(*・ω・*)




我々トミックスは、
アドグリーンコート 日本中央研究所(株) の 認定施工店 です🏠

*アドグリーンコートについて気になる!

*アドグリーンコートに塗り替えるといくらかかる?

などなど、ご相談お待ちしております

もちろん施工もお任せください(`・ω・´)


まずはお気軽にお電話くださいませ🎨

総数416件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70

前のページに戻る
ページの先頭へ

会社案内

株式会社トミックス 会社案内

株式会社トミックス
〒583-0861 
大阪府羽曳野市西浦6丁目2−20
TEL:072-958-8115